【朗報】『ポケモンGO』でレアポケモンを探す裏技が発見される! 更にレアポケモンの出現場所情報も公開!

本日の注目記事
ピックアップニュース
ポケモン裏技

レアなポケモンを探す裏技が見つかったと、海外サイトに投稿がありました。報告者によれば、同じくARゲームのIngressを同時に起動することで、マップから居場所のヒントが分かるとのことです。

『Pokemon GO』は位置情報を活用し、現実世界そのものを舞台としてポケモンを捕まえたり交換したり、バトルしたりが楽しめるゲーム。その仮想マップは、同じ開発元のNianticの前作Ingressのものを流用していると推測されています(前者の「ポケストップ」と後者の「ポータル」の位置が一致)。

ポケモン裏技
ポケモン裏技

投稿者によれば、隠れたポケモン探しのためには『Pokemon GO』Ingress同時に起動しておけばいいとのこと。ポケモンの出現地点とXM(白い粒で表現される謎エネルギー)の発生地点には何らかの関係があり、XMが密集しているところではレアポケモンのSquirtle (ゼニガメ)を10分以内に見つけられたとか

ポケモンGO-レア
ポケモンGO-レア

 

おすすめ記事!!

 

スポンサーリンク

引用元:http://japanese.engadget.com/2016/07/19/pokemon-go-ingress/


以下 レアポケモン情報

Pokemon Goとは

ポケモンgo
ポケモンgo

Pokemon Go(ポケモン ゴー)は、米国ナイアンティックによって開発された拡張現実(AR)ゲームのひとつである。プラットフォームはiOSとAndroidに対応する。
【概要】

スマートフォン向けアプリで、株式会社ポケモン、任天堂、米国ナイアンティックによる共同プロジェクト。位置情報を活用して遊ぶ事のできるポケットモンスターシリーズで現実の世界でポケモンの特徴である捕獲・交換・バトルを楽しむことができる。
歩きスマホ防止デバイス

ナイアンティックが開発・運営しているIngressでは歩きスマホが問題となっており、Pokemon Goではその反省点を生かし 歩きスマホ防止するためのデバイス「Pokemon GO Plus」も発売する。仕組みはBluetooth Low Energyを用いてスマートフォンと連携し、近くにポケモンがいる等のゲーム情報を、ランプと振動で知らせてくれたり、ボタンを押せばポケモンを捕まえるなどの基本操作も行うことができる。
【反響】
オーストラリア、アメリカ合衆国、ニュージーランドで先行配信が開始された。ストアでランキング1位を獲得し、Pokemon Goのデイリーアクティブユーザー数はツイッターに匹敵する状態となっている。しかし当初想定したよりも速いスピードで大人気になってしまったため、多大なサーバー負荷が発生し、配信がすでに決まっていたイギリス、オランダでのサービス開始は見合わせることになる事態が発生した。豪ではアプリをダウンロードしようとする人が殺到しサーバーがダウンした。任天堂は正式な数値を発表をしていないが米調査会社が公開4日で売上14億円突破したと発表。米ではAndroidユーザーがワッツアップやインスタグラムなどのSNSより「Pokemon Go」に多く時間を費やすようになったことがデータ解析を手掛けるシミラーウェブで明らかになった。
https://ja.wikipedia.org/wiki/Pok%C3%A9mon_Go

【公式】『Pokemon GO』 初公開映像

1000: もんげー速報管理人のコメント!
裏技多様するとゲームバランス崩れてしまうので程ほどに・・・。

トップへ戻る